忍者ブログ
フルートのこと、響きのことなど 我が家に住まうフルート吹きたちが勝手気ままにおしゃべりします
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発表会の受賞者達にヒーローインタビューをしてみました
まずはモーツァルトの「アンダンテ」を演奏した努力賞のDさん
「今回は暗譜をしようと思いました。
 本番は譜面を置いて演奏しましたが、いつもより余裕ができて
 リズムやトリルなどの細かい部分にも注意をむけることができた気がします。
 後はのどを解放して良い呼吸ができるように心がけました。
 自分の演奏の録音を聴くのはいつも辛いのですが
 今回は、初めて安心して聴くことが出来ました」
モーツァルトの「F-Durのソナタ」を演奏して繰り上げ努力賞の星さん
「ずっと足が震えていたのです。
 でもその割には冷静だったと思います。
 冷静だったと自分では思うのですが
 重心を動かしてみるような余裕までは有りませんでした。
 II楽章は大好きなのでぜひとも美しく演奏したいと思い
 お腹の支えを強く意識してがんばりました。
 客席に戻ったら、足の震えが一層ひどくなりびっくりしました。」
グルックの「精霊の踊り」を魂を込めて演奏し1等賞のKさん
「選曲が良かったのです。大好きな曲の一つです。
 長い期間をかけてじっくりと取り組んだので
 集中して気持ちを入れることが出来ました。
 名曲はいくら練習しても飽きませんね。
 フレーズの最後の音の処理とか、転調した表情の違いとか
 細部まで気を配りました。
 リハーサルの女王と言われちゃうんですが
 (リハーサルは)もっとうまかったんですよお。
 本番はいつもとてもあがってしまいます。
 こんなはずではない、イメージした音ではない、の連続です。
 きっとポイントに息があたっていないだろうとか
 ずっと疑心暗鬼で吹いていました。
 本番前の不安を取り除いてから演奏できるといいな、と思いました。」
ムーケの「5つの小品」で努力賞の小栗さん
カプレの「夢と小さなワルツ」で繰り上げ1等賞のドクター佐藤さん
のお二人のコメントは次回のお楽しみです

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています 良ければクリックしてください
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ 人気ブログランキングへ
この子を自分のブログに連れていく!
オリジナルのブログパーツを作る
最新CM
[05/13 backlink service]
[06/14 seian]
[05/29 tetsu]
[03/17 かりん]
[02/01 みかん]
プロフィール
HN:
フルートのおばちゃん
年齢:
56
性別:
女性
誕生日:
1961/04/01
職業:
しがない笛吹き改め花も実もある笛吹き
趣味:
料理 猫
バーコード
ブログ内検索
最古記事
お天気情報
忍者アド
忍者アド
フリーエリア
忍者ブログ [PR]