忍者ブログ
フルートのこと、響きのことなど 我が家に住まうフルート吹きたちが勝手気ままにおしゃべりします
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おばちゃんが中学生で吹奏楽を始めた頃は
コンビニなんか無かったし、コピー機なんて高価な物は見たことも無かった
新しい楽譜が配布されると
自分の分を写譜するのは当たり前のことだった
若かったフレッシュな脳みそは
書いただけでほぼ覚えてしまったものよ
時々、法務局に勤める父親に頼むと青写真を撮ってくれたのだ
若者よ、青写真を知っておるか?
乾いた白黒のコピーが現れたのは感動だった
しかし、高価だった

その頃はCDだって勿論無いから当然レコードだけれど
AMZONなんて無いからね
この田舎で聴きたい物がすぐ手に入ることなんてあり得なかった
曲を知るためには一生懸命楽譜を読むのだ
ソルフェージュの力というのはそうやって培われたように思う

中学生の頃、吹奏楽部の顧問の先生が
「この機械の前で楽器を吹くと自動的にピッチが高いか低いか
 針が指し示してくれるのだぞ」
という夢のような道具、チューナーを持って来てくれた
凄いなと思ったけれど
「ふん、自分の耳で聞くのが一番さ」と横目で見ていた

今じゃやたら仕事したことを主張するようになってしまった
給湯器も炊飯器も電話も、その頃は無口だったので
家庭では電子の音をあまり聞かずに済んだ

発表会の打ち上げの席で
知らない間に「美しさ」とはなんだという問答が繰り広げられていたのか
「愛の波動」と答える森の玉手箱さん
実に彼女らしい

「美しさ」とはそれぞれの人がそれぞれに感じる物だ
しかし、そのうち「美しい音」を測る道具を
人が求めるのではないかとはらはらしている


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています 良ければクリックしてください
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ 人気ブログランキングへ
この子を自分のブログに連れていく!
オリジナルのブログパーツを作る
最新CM
[05/13 backlink service]
[06/14 seian]
[05/29 tetsu]
[03/17 かりん]
[02/01 みかん]
プロフィール
HN:
フルートのおばちゃん
年齢:
56
性別:
女性
誕生日:
1961/04/01
職業:
しがない笛吹き改め花も実もある笛吹き
趣味:
料理 猫
バーコード
ブログ内検索
最古記事
お天気情報
忍者アド
忍者アド
フリーエリア
忍者ブログ [PR]