忍者ブログ
フルートのこと、響きのことなど 我が家に住まうフルート吹きたちが勝手気ままにおしゃべりします
[457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

演奏中の写真には
自己の修正へのヒントが沢山詰まっている

笠間日動美術館HP 学芸員だより

特に二枚目の写真は首から上が前傾し過ぎている
恐らくこれは眼の所為だ

おばちゃんの眼は長い期間のコンタクトレンズ装着で
どうやら細胞が減ってしまっているらしく
かかりつけの眼科はコンタクトレンズを処方してくれない
仕方なく本番だけ使い捨てレンズを装着するが
乱視が矯正しきれない
歳とともに暗い場所で細かい物を見るのが困難になってきた
本当は、譜面台をずっと低くして離れた位置から見たい
(これは老眼ゆえではなく)
遠くに楽譜を置くことでもっと自由になるのだ

残念なことに今回暗譜できていたのはJ.S.Bachだけだった

E.BachもinCならば何百回と練習して染みついているほどだが
in B♭はそれを払拭する程さらい込んでいない
刷り込まれているin Cと新たなin B♭が交錯する
その上耳から聴こえてくるのは馴染んでいる調性
危険きわまりない
楽譜から一時も眼を離すことが出来なかった
そう、歳とともに衰えているのは柔軟性であることも否めない

いつもの相方、ピアニストの小林由佳さん
彼女は裸眼で0.1見えないそうだ
しかし、本番も日常生活も裸眼で過ごしている
素晴らしく勘の鋭い人なのだ
楽譜は、めくりの心配が無いように
いつも縮小した楽譜を一覧出来るように繋ぎ合わせて譜面台に置く
信じられない程小さな楽譜の一つ一つは
彼女の視力では見える筈が無いのだ
音形を見ることで記憶の補助としているに過ぎない

そうだ、暗譜をしよう

子供の頃は暗譜に苦労したことが無い
10回もさらうと楽譜の面がそのまま脳ミソにコピーされる
細部が出来るようになる前に覚えちゃうのだ
そして学生時代はどんな時でも暗譜で通して来た
(眼鏡を外して演奏するためだ)

そういえばコンチェルト以来暗譜で演奏していない
今年は暗譜からもっと自由を見つけよう






拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています 良ければクリックしてください
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ 人気ブログランキングへ
この子を自分のブログに連れていく!
オリジナルのブログパーツを作る
最新CM
[05/13 backlink service]
[06/14 seian]
[05/29 tetsu]
[03/17 かりん]
[02/01 みかん]
プロフィール
HN:
フルートのおばちゃん
年齢:
56
性別:
女性
誕生日:
1961/04/01
職業:
しがない笛吹き改め花も実もある笛吹き
趣味:
料理 猫
バーコード
ブログ内検索
最古記事
お天気情報
忍者アド
忍者アド
フリーエリア
忍者ブログ [PR]