忍者ブログ
フルートのこと、響きのことなど 我が家に住まうフルート吹きたちが勝手気ままにおしゃべりします
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はA氏のフルートが届くはずです
銀管のフルートで楽器を響かせることについて
最近ようやく到達した感触を確認したいと考えています
思えば70年代後半に音楽大学に入学した当時
「鳴らすこと」と「響かせること」の区別が無かったように思います
それは私が未熟だったのか
時代がそうだったのか・・・・・
「鳴る」というのはプレイヤーとその楽器にとって
最大の賛辞だったのです
「響く」というのは部屋やホールなど
演奏するスペースに限定して使われていたように記憶しています
それは私が未熟だったのか
時代がそうだったのか・・・・・
金の楽器は銀の楽器よりも「鳴り」が強いのです
それだけに響かせることはとても難しく
また、鳴りの強さに「大きな音が出た!」と
安易に満足してしまう傾向があるように感じます
70年代後半から80年代にかけて大きな音が好まれ
「鳴り」が強くパワフルな音の金の楽器が大変に普及し
バブル経済との相乗効果で
高校生や中学生までが金ぴかになった爛熟時代が有りました
今はそのゴールドラッシュも落ち着き
フルートの音の好みも正常に戻りつつあるそうですが

少し考えてみれば
打楽器と同じように金属を振動させることが発音することなのだから
「響かせる」ということと「鳴らす」ことは別のことだとわかります
難しいのは息を使ってそれをすること
多分発声にとても良く似ていると思います
名人の真似をしてその方法を見つけよ
そうやって[Tone Development]を使うのです

来週はおばちゃんちの生徒さん達の発表会です
素敵な響きを聴かせてね

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 百均の女王! HOME 入院2 >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています 良ければクリックしてください
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ 人気ブログランキングへ
この子を自分のブログに連れていく!
オリジナルのブログパーツを作る
最新CM
[05/13 backlink service]
[06/14 seian]
[05/29 tetsu]
[03/17 かりん]
[02/01 みかん]
プロフィール
HN:
フルートのおばちゃん
年齢:
56
性別:
女性
誕生日:
1961/04/01
職業:
しがない笛吹き改め花も実もある笛吹き
趣味:
料理 猫
バーコード
ブログ内検索
最古記事
お天気情報
忍者アド
忍者アド
フリーエリア
忍者ブログ [PR]