忍者ブログ
フルートのこと、響きのことなど 我が家に住まうフルート吹きたちが勝手気ままにおしゃべりします
[364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「先生は音楽はお好きですか?」
「えっ?う、うん、好きだよ」(来たな、という表情で)
「音楽のどんな所がお好きですか?」
「ロジカルな所」(どうだい、という表情で)
「わっ、情緒的な答えが欲しかったのに」(撃沈)

そこで助け舟
「フランス人ってロジカルだって言うけれど
  本当はすごくエモーショナルな面を持っていて
  それをちょっとニヒルに隠したくてロジカルぶるなんて
  そんなところない?」

「う〜ん。どうかな
  そうなのかなぁ。」

「ロジカルとエモーショナルってのは
  表裏一体なのかなと思ったんだけど・・・・」


「フランスではソルフェージュってのはどんなことをするの?」
「ああ、元来ソとファを分けるってことらしいんです
  フランスでは楽典や和声も含めてソルフェージュとしての授業がすすめられて
  私はもともと苦手意識があったんですけど
  興味深くてすっかりはまりました」
 
「ソルフェージュさえ出来れば殆どの問題は解決するのだよ」
「えっ、リズムやテンポが悪いことの原因が
  その人の奏法にあることだってあると思うのですが?」
「うん。それも解決する」
「??????」
「本人が気づくことが大切なのだ
  こうあるべきだ、というイメージさえ出来れば
  そこに繋がる方法は自ずと見つかる
  奏法だって改善するのだ」
「・・・・・・・」

すべての原因はソルフェージュだそうだ

「今は無よりも空の方がしっくりくる気がするのだ
  無って言うのは仏教でしょ、
  日本の神社ってのは空っぽじゃない
  神様をお迎えするようにさ
  そういうemptyがいいのだ
  なんだか無は却っていっぱい詰まってる気がする」
「般若心経にも色即是空、空即是色ってありますよね」
「でも、南無阿弥陀仏もあるよね」
「無って何だろう」
「今度、高野山に修行に行くので訊いてきます」

「日本人のハラって感覚、欧米人にあるのかな」
「う〜ん、フランスではハラより頭みたいだよ」
「ハラを割るとか、ハラを据えるとか
  腹黒いとか、そんな表現ある?」
「聞いた事無いなぁ。やっぱり頭だな」
「先生は疎開先にウイスキーとレコードを持って行かれたような
  モダンな環境でいらしたけれど
  マイナスの意味で
  やっぱり自分を日本人だと意識することはありましたか?」
「そりゃぁ、いつもだよ」
「え〜、どんなぁ?」
「やっぱり言葉のコンプレックスはいつもあったよね」
「でも、フランス人は特に日本の文化を神秘的なものとして
  少し憧れを持っていたりするでしょ
  ニコレさんに随分禅の話を聞かれたって」
「そう、ニコレの禅への興味は浅い物じゃなかったので
  大変だったよ」

こうやって夜はまた更けて行くのです

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています 良ければクリックしてください
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ 人気ブログランキングへ
この子を自分のブログに連れていく!
オリジナルのブログパーツを作る
最新CM
[05/13 backlink service]
[06/14 seian]
[05/29 tetsu]
[03/17 かりん]
[02/01 みかん]
プロフィール
HN:
フルートのおばちゃん
年齢:
56
性別:
女性
誕生日:
1961/04/01
職業:
しがない笛吹き改め花も実もある笛吹き
趣味:
料理 猫
バーコード
ブログ内検索
最古記事
お天気情報
忍者アド
忍者アド
フリーエリア
忍者ブログ [PR]