忍者ブログ
フルートのこと、響きのことなど 我が家に住まうフルート吹きたちが勝手気ままにおしゃべりします
[179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いい音を出すためには何をする?
という問いに
「出したい音をよくイメージします」
とMさんは答えた
そう、正しい。それはとても大切な事
では、そのイメージの音を出すために何をしますか?
の問いには、
「えーと、いっしょうけんめいに・・・・・・・・」
Mさんは詰まってしまった

コンベンションで「まねる」ことをテーマにしたレクチャーがあった
残念ながら実行委員はレクチャーを聴きに行けるような時間がないので
聞き逃してしまった
実に心残りである
しかし、まねることの重要性は良くわかる

だいたい、日本の伝統芸能はまねることが基本だ
内弟子ともなると師匠と寝食を共にし
身の回りの世話をしながら、隈無く観察し芸を盗むのだ
めったやたらと人には見せない門外不出の芸もあったという
それでもなんとかして盗むのだ
師匠は師匠でそうやって流派を守り
弟子は知るために必死になった

一昔前のフルートの先生は
今ほど手取り足取りこと細かく教えてくれなかったものだ
呼吸について等、誰も何にも教えてくれなかった
師匠達は「自分を見ていれば自ずとわかる」
という姿勢を貫いていたのだろう
伝統芸能の作法がどこか奥底にあったのかもしれない

そうそう、その「まねること」
何をどうしたら似せることが出来るのか
それがわかることと、それを実践できること
物まね名人の能力だ

イメージした音を出すために
何をしたら良いかがわかり、それを実践できること
楽器を演奏するにも不可欠な能力だ

良いも悪いも含めて
いろんな音を出してみると何かがわかるかもしれない

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 初心 HOME 黒ぼん >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
ランキングに参加しています 良ければクリックしてください
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ 人気ブログランキングへ
この子を自分のブログに連れていく!
オリジナルのブログパーツを作る
最新CM
[05/13 backlink service]
[06/14 seian]
[05/29 tetsu]
[03/17 かりん]
[02/01 みかん]
プロフィール
HN:
フルートのおばちゃん
年齢:
56
性別:
女性
誕生日:
1961/04/01
職業:
しがない笛吹き改め花も実もある笛吹き
趣味:
料理 猫
バーコード
ブログ内検索
最古記事
お天気情報
忍者アド
忍者アド
フリーエリア
忍者ブログ [PR]