忍者ブログ
フルートのこと、響きのことなど 我が家に住まうフルート吹きたちが勝手気ままにおしゃべりします
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやはや、ご無沙汰しました
相変わらず、事務処理に追われ更新できませんでした
只今、2件のチラシ、1件のプログラム
その他諸々、書類制作に入っております

先日、「クヴァンツの奏法私論」を読む勉強会に参加した

そこへ師匠がH.P.シュミッツ先生の音を持って来てくださったのだ

我々がシュミッツ先生を知った時には
残念なことにすでに「フルートを吹かない先生」になってしまっており
教育者として吹かずに素晴らしいレッスンを展開し
学者として多くの文献も残している

出し物は件のクヴァンツのコンチェルト
で、どんな音だったかというと
とにかく凄いひっくり返るくらい凄いのだ
何が凄いって
まず、素晴らしく圧力の高い息による芯のある音
そして、見事なタンギングのヴァリエーション
ほれぼれするほど切れ味の良いスタッカート
そして何より「装飾のヴァリエーションの豊富さ」
神に誓って2度同じことはしない
考え得るあらゆる所にあらゆる装飾を施し
うっかりするとクヴァンツの原型がわからなくなる程
隙間無くギウギウに飾りたて
そのテクニックの鮮やかなことったら

研究者としてのシュミッツ先生の固いイメージが
あっという間に崩壊し
天真爛漫とか天衣無縫とかの言葉がぴったりの
やんちゃな笛吹きに塗り替えられてしまった

それは絢爛豪華な趣味なのか
それとも研究者としての実験なのかは詮索しないでおこう
とにかく痛快で楽しい笛には違いない

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています 良ければクリックしてください
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ 人気ブログランキングへ
この子を自分のブログに連れていく!
オリジナルのブログパーツを作る
最新CM
[05/13 backlink service]
[06/14 seian]
[05/29 tetsu]
[03/17 かりん]
[02/01 みかん]
プロフィール
HN:
フルートのおばちゃん
年齢:
56
性別:
女性
誕生日:
1961/04/01
職業:
しがない笛吹き改め花も実もある笛吹き
趣味:
料理 猫
バーコード
ブログ内検索
最古記事
お天気情報
忍者アド
忍者アド
フリーエリア
忍者ブログ [PR]